家族の親密度 信頼性 妥当性 県民性ランキング ファミリーグラム 家族と親子関係の心理テスト 無料

ファミリーグラム 家族と親子関係の心理テスト 無料


【更新・追記】 2008年1月8日

家族の親密度2008 ファミリーグラム 家族と親子関係の心理テスト 無料


家族と親子関係の心理テスト 家族の親密度  家族の親密度  信頼性と妥当性  家族の親密度 「県民性ランキング10」
 家族の親密度  家族と親子関係の心理テスト 2008
 


家族の親密度 親子関係 家族関係 【最新版】 家族の親密度  信頼性と妥当性 

「家族の親密度」と「県民性ランキング」 




家族の親密度2008  家族と親子関係の心理テスト 無料  + 家族による精神的ストレス

※少し専門的な内容なので、興味のない人は パスしてOKです。m(__)m ・家族の親密度 「県民性」ランキング10を掲載

※【更新・追記】 2008年1月8日  エゴグラム2008の各質問文と相関分析を行いました。その結果を追記。誤字脱字の修正。

【テーマ】  家族の親密度 
【集計期間】  2007/06/08〜2008/01/01 
【対象】 エゴグラム性格診断より統計分析 
全国22156名様 男女比1:1にて 信頼性90%(α=.936) G-P分析 因子分析OK
【特徴】
・心理テストの信頼性、妥当性を向上。 信頼性においては、90%をクリア! 因子分析による内容(妥当性)のチェック!
・アンケートや企画尺度を絡め、エゴグラムの発展的な視点で分析。 
・男女比 1:1 で統計分析。
・荒し、矛盾するデータ、無回答等のデータを排除して分析。
・評定尺度法 (5件法)を利用しているので、比較的尺度の歪みが少ない。
・・・・項目から最大限に情報が取得しやすく、信頼性が得られやすい。


 統計量

 

 

 

 

 

 

 


信頼性分析 ・・・信頼性 Cronbacha α 
家族の親密度  信頼性は、α=.936
(90%以上)

とても高い信頼性がある。

 

 

 

 



信頼性分析 ・・・ 内的整合性、再検査法 など
★信頼性Reliability (Cronbach α)は 1.0に近いほど尺度の信頼性があり。
簡易版ながらも、信頼性は93%(0.9)と高い。 I−T相関分析等を行い信頼性をチェック
各項目は、因子分析と項目分析により、関連性が低いものを除去し信頼性を向上させた。

妥当性分析 ・・・内容・概念として妥当性   ※因子分析を参照

内容妥当性の検証

※因子分析による内容妥当性の検証を行っている。
因子分析にて一貫性を確認。



妥当性分析

因子分析 主因子法 バリマックス回転後



「q9:私の家族は、とても仲がよい方だと思う」
「q11:自分の家族にとても親しみやすさを感じている」

「q13:私の家族は、お互いに協力して暮らしている。」

などが高く因子分析により一貫している。



相関分析 



「家族の親密度」を個人の性格との関連性を結びつけるのは、やや無理がありますが、

家族の親密度は、養育的母親(NP) r=.247 や 自由な子供(FC) r=.258 と、低い相関関係が見られました。

そこで、各質問ごとの詳細調査を行い以下のようになりました。

---------------------

※エゴグラム2008と家族の親密度 質問項目間の相関分析

相関係数 エゴグラムと家族の親密度2008
統計量=Pearson の相関数  相関係数
p
家族の親密度 1  
Q10:多く人が、あなたを快く受け入れてくれる。 .24
**
Q32:後輩や子供の世話をすることは好きだ。 .21
**
Q73:私の家族には、とても失望している。 -.63
**

Q75:今、私はとても自信に満ちあふれている。

.20
**
**. 相関係数は 1% 水準で有意 (両側) です。  

【解説】 家族の親密度と家族への失望感が、マイナスの関連性があることがわかります。

家族の親密度は、自己の肯定感、自信について、低い相関関係 が認められました。


都道府県別  家族の親密度ランキング10 「県民性」がわかる? 
※都道府県グループの平均
順位 都道府県 家族の親密度
1 宮崎県 36
1 鹿児島県 36
3 大分県 35
3 その他 35
3 長崎県 35
3 福島県 35
3 広島県 35
3 沖縄県 35
9 愛媛県 34
9 福岡県 34

※親密度の平均が 「33点」 統計的には、あまり差があるとは
言えませんが、ベスト10を掲載いたします。 

1位「宮崎県」「鹿児島」 
3位「大分」「長崎」「福島」「広島」「沖縄」
・・・総合的にみると、 九州地方が多いようです。

※今後も、追跡調査を行ってみたいと思います。





【参考・引用文献】・・・併存的妥当性の検証のため
※著作権フリーである「自己成長エゴグラム(SEG)」1991 NPモデルを引用掲載
「自己成長エゴグラムと対処行動エゴグラム」 芦原睦 2006

【参考文献】 
草田寿子・岡堂哲雄 1993 家族関係査定法 岡堂哲雄(編) 心理検査学 垣内出版
Olson,DH.,McCabbin,H.I.,Larsen,A., Muxen, Muxen.M.,&Wilson,M. 1985 Family Inventories.


当ホームページ内掲載のコンテンツの無断掲載を禁じます。

家族と親子関係の心理テスト 家族の親密度
ファミリーグラム 家族と親子関係 

Copyright (c) 2008 ファミリーグラム 家族と親子関係の心理テスト 無料 All Rights Reserved "));